体外受精は不妊治療の方法だという事は知っていますよね。

では顕微授精」と言う言葉を聞いたことがありますか?

体外受精と顕微授精は同じ不妊の治療法というイメージがありますが実は少し違います。

体外受精は、女の人のからだの中から採取した1つの卵子と、男の人の5万個以上の精子を一緒にし自然に受精するのを待ちものです。

しかし顕微受精は、もう少し踏み込んで1個の卵子に対して1個の精子を直接注入し受精する方法のことです。

この方法をICSI(イクシー)と呼びます。

今は顕微授精のことをICSIと呼ぶことがほとんどです。受精を助けるのが顕微授精でそれ以外は通常の体外受精と全く同じです。

顕微受精のメリットは?

乏精子症、副睾丸の精子、睾丸の精子、凍結された精子の方でも妊娠が可能であるという事です。

しかし顕微授精の技術が高いため医師や病院の差がありますのでより技術力の高い病院で治療することをおすすめします。

今では体外受精で生まれてくる赤ちゃんも多いですから不妊治療はかかせない医療となるでしょう。

スポンサードリンク