不妊治療の一つ人工授精というものがありますが非配偶者間人工授精というものがあります。

非配偶者間人工授精とは例えば旦那に異常があった場合。

読んで字のごとく非配偶者、旦那以外の精子を利用する方法です。

後は通常の人工授精と方法は一緒です。

旦那とは血のつながりはありませんがそれでもどうしても子供が欲しい方が行う方法です。

確かに一口に言っても簡単なことではありませんので病院ではガイドラインをもうけている所があります。

非配偶者間人工授精を行える条件として

・男性が無精子症

・精巣精子回収術を行い精子がなかった

・精子が少なく、妊娠難しいと医師が判断した場合。

などです。

もちろん倫理や宗教的な問題もありますので十分な話し合いが要求されます。

旦那以外の精子とは?

病院で異なりますが通常はボランティアによって精子を提供するというのが多いでしょう。

非配偶者間人工授精の歴史は長く1948年から今までで1万人以上ものこの人工授精が行われてきたようです。

しかし現在では医療は進化をし続けています。

体外受精である顕微授精によってむかしは妊娠が難しいと思われていた事も可能となるケースが多く今では無精子症の時にのみに行われることが多いようです。

スポンサードリンク