試験管ベイビーは有名ですがこれは体外受精により生まれてくる赤ちゃんのことです。

体外受精とは読んで字のごとく女の人のからだではなく外で卵子と精子を受精させることです。

詳しく説明すると手始めに男の人の精子を取り出しておきその後女の人の卵巣から卵子を取り出し数日間かけて培養します。

そしてうまく細胞分裂が始まり4分割卵以上になった時点で女の人の身体に戻すという作業です。

体外受精が必要となる症状

・女性の両方の卵管が閉塞してしまった

・免疫系の異常がある

・子宮内膜症で妊娠が難しい

・高齢で妊娠の可能性が難しい

・人口授精を数回しても妊娠しない

などの場合です。

体外授精の可能性は2割〜4割です。

これは体外受精を行う病院により確率は異なります。

技術力が問われるでしょう。

費用はどのくらいでしょう?

・大学病院等は10万円代

※費用が高い病院は70万円以上することもあるようです。

費用面では高額な値段と言えるますが妊娠したいと願う方にとっては値段以上に大事な事だとも言えるでしょう。

スポンサードリンク