不妊治療を始めたのに妊娠できない時、不妊原因が見つかった時は人工授精をするように勧めらえる事があります。

人工授精ってどんなものなのでしょう?

人工授精はあらかじめ男性から精子を取り出し元気な精子だけ残しその精子を女性の身体に直接注入するという方法です。

ですから自然妊娠のタイミング法よりは妊娠の可能性は高くなるといわれています。

人工授精が行われる症状としては子宮頚管の中にある粘液分泌に異常がある時や男性の方の無精子又は精子の数が少ないときなどがあげられます。

よく聞くEDなどの方にもこのような不妊治療が行われます。

人工授精の種類

人工授精の種類は2つ。

・男の人の精子を使用しておこなう人工授精 AIH(配偶者間人工授精)
・夫以外他人の精子を使用して行う人工授精 AID(非配偶者間人工授精)

などがあります。

人工授精の確率は?

人工授精の確率は、4回中9割以上

高い確率だと言えますが人工授精をなんど試しても妊娠できない場合は他の不妊治療へと行う事を視野にいれてみましょう。

スポンサードリンク