不妊治療は子供ができない人のための治療です。
しかし不妊治療といってもその治療法はさまざま。

・排卵誘発剤
・タイミング療法
・人工授精に体外受精等

などたくさんあります。

現在の不妊治療は?

不妊治療は大まかに分けると

・一般不妊治療

・高度生殖医療

に分かれます。

一般不妊治療とはまず不妊の原因を調べます。
例えば原因が排卵障害である場合、排卵誘発剤を使用し、子宮筋腫が要因である場合「筋腫核手術」を行なったりします。

また不妊症検査の精液検査した時に異常が出た時は例えば性交障害等の時は、精子を人工的に子宮の中に注入するという人工授精を行なったりします。

むろん不妊症検査をした時に異常がなければ、自然妊娠できるよう排卵の時期を把握しタイミング療法を勧められます。

しかし一般不妊治療をしたのに半年から1年以内に妊娠しない場合はすぐにでも新しい治療「高度生殖医療」をしなければならない時もあります。

高度生殖医療とは、最後の妊娠の手段で体外受精、顕微受精等が行われます。
顕微授精等で、卵子を取り、精子と受精させ数日間培養させた後、細胞分裂が始まれば女の人の子宮内に戻すという治療法です。
人工受精より受精率は高い。

スポンサードリンク