幼児はアレルギーや消化能力、免疫力がないためある程度の時期までは食物に気を使わなくてはいけません。

離乳食はなんでもかんでも細かくすれば良いものではない。

ある程度の時期まで注意しなければいけないものは!

・初期まで与えてはいけない、控えた方が良い食材・食品。

ソバ、イカ、タコ、エビ、カニ

・中期まで。後期以降でも細かく刻んで与える食品。

・中期〜後期まで与えてはいけない、控えた方が良い食材・食品。

卵白

・後期まで与えてはいけない、控えた方が良い食材・食品。

ニンニク

・満1歳まで与えてはいけない、控えた方が良い食材・食品。

蜂蜜
ただし、学会、有識者、地域や家庭独自の教えなどで、「果汁は6ヶ月まで与えない方がいい」「バナナは1歳まで与えない方がいい」「牛乳は1歳まで与えない方がいい」など、時代や場合によって、与えていけないといわれる食品の内容は異なる(前2者に関しては、幼少の頃から糖分の高い物を与えない方が良い、という考えに基づくものだと考えられる)。万が一の事故やアレルギー疾患を予防するためにも、子供の状態を見極め、医師や保健所などの適切な指導を受けることが肝要である。

スポンサードリンク