妊娠6ヶ月目の症状はおなかがどんどん大きくなるため腰に負担がかかり腰痛に悩まされたりします。

また以下のような症状が出ます。

妊娠線ができる。(皮膚が急激に引き伸ばされるため)

茶色っぽいおりものが出る。

・足がむくんだりつっぱったりする。

頻繁におなかが張る。

・シミやソバカスが出やすい。

・静脈瘤(じょうみゃくりゅう)が足や外陰部にできる。

この時期やっておく事としましては

・病院を変える場合は遅くとも23周目までには変える。

・妊娠中毒症の初期症状が出るころ。

・おりものも色、おなかの張りに注意して早産を予防しましょう。

・塩分、水分の取りすぎには注意しましょう。

以上のような事です。

スポンサードリンク