育児休業給付金とは育児休業をとりやすくするため、スムーズな職場復帰の援助のための制度です。

雇用保険に入っていればママだけでなく、パパやパート、アルバイトも対象です。

平成22年3月31日までとされていた給付率の引上げは、当分の間、延長されたため、

当分の間、休業開始時の賃金の月額50%です!

ちなみに平成22年4月1から「育児休業基本給付金」と「育児休業者職場復帰給付金」を統合し、「育児休業給付金」となりました。

支給資格

・雇用保険を納めている人。

・育児で休む前の2年間に、11日以上働いた月が12ヶ月以上ある方が対象。

・こどもが1歳に達する日の前日まで支給対象。

・両親ともに育児休業を取得する場合、子が1歳2ヶ月に達するまでの間支給対象。(パパ・ママ育休プラス制度)

支給期間

・母の休業の場合は、出産日(産前休業の末日となります。)と産後休業期間と育児休業給付金を受給できる期間を合わせて1年間が上限となります。

・父の休業の場合は、育児休業給付金を受給できる期間の上限は1年間となります。

申請方法

・本人に代わって会社がやるケースが多い。

自分でやる場合は申請書を所轄をハローワークに提出する。

・休業開始日の翌日から10日以内。「支給申請書」はハローワークが期間を指定。

スポンサードリンク