中絶を繰り返すと不妊症になるという話を聞いたことのある人は多いのではないのでしょうか?

もしも、過去に中絶した経験があり、現在妊娠できないでいると、その過去のことが原因ではないか?と思い悩む人も少なくないかもしれません。

それでは、本当に中絶と不妊症には関係性があるのでしょうか?

実際には、中絶したからといって、必ずしも不妊症になるとは言えません。医療の進歩した現代では、比較的安全に中絶手術が行われるようになりました。

正しい処置がきちんと行われていれば、不妊症になる可能性は低いです。しかしながら、必ずしも不妊症にならないとは限らないのも事実です。

中絶手術は、人工的に子宮内の胎児を取り出すのですから、当然、子宮に負担を掛けてしまいます。また、中絶処置の際に、子宮壁に傷を付けてしまう可能性もけして低くはないのです。

それに、子宮内部や卵管などに炎症が起こってしまったりする場合もあるそうです。炎症によって、卵管が詰まってしまうこともあります。こういったことが、不妊症の原因になりうるのです。

特に、中絶を繰り返すと、そのリスクも高くなっていきます。もちろん、中絶に踏みきるには、様々な理由があることでしょう。

望まない妊娠、経済的な理由、産みたくても病気で産めないなど、やむを得ない事情もあると思います。でも、中絶を検討する際には、将来、不妊症になるリスクもあるということを常に念頭に置くようにしましょう。

そして、中絶手術を受ける際には、正しい処置が行える医師の元で行うようにしてください。

スポンサードリンク