X線写真

妊娠中は体に放射線を受けるX線検査は避けるのが基本です。

一番影響を受けやすい時期は4週目~15週目です。

この時期は中枢神経や大事な器官を形成する時期なのでもっとも注意が必要です。

しかし妊娠発覚前に受けてしまった場合でも基本的には検査で使用する放射線量なら赤ちゃんに

影響があるわけではありませんのでご安心を。

薬の服用

妊娠中医師の判断を聞かず服用をすると奇形など赤ちゃんに影響を及ぼします。

特に危険なのは4週目から15週目です。

この時期は赤ちゃんが人間になるために臓器や目のレンズ、中枢神経などの器官が形成されるのでもっとも危険性が高い。

スポンサードリンク