妊娠初期症状にはいくつかあります。ですが全ての人に当てはまるわけではありません。
より多いの知識を持つことは早期発見につながることがあります。

1.基礎体温の上昇
通常妊娠すると体温が上がります。基礎体温を毎日つけておくと妊娠初期症状に早く気付く事ができるでしょう。

2.月経の停止
妊娠すると生理が止まりますがそれは受精卵に精子が着床してからです。また出血を着床出血と間違える人もいるのでいつもと違う色であるかを常に確認しておきましょう。

3.疲労感
一番ポピュラーな症状かもしれません。ドリンク剤などで過剰な栄養を摂取しようしないでそういった場合は休養を取りましょう。

4.食べ物の好き嫌い
妊娠するとホルモンレベルが上昇しますので急激な食欲、嫌悪感などが現れることがあります。

5.臭いに敏感になる
タバコや香水などの臭いを嗅ぐとイライラしたりすることがあります。これもホルモンレベルの上昇が原因でないかと言われています。

6.吐き気や嘔吐
吐き気や嘔吐は妊娠初期の最初の兆候のひとつに上げることができるでしょう。つわりは個人差がありますがだいたい妊娠安定期まで続きます。しかしつわりは赤ちゃんが成長していることを示すものです。レモンやペパーミント風味のキャンディーなどが吐き気を緩和します。だからといって空腹時にビタミンなどを摂取すると逆に吐き気を引き起こすので食事後が良いでしょう。あまりひどい場合は医師の薬物治療が必要です。

7.胸の腫れ圧迫
乳房の晴れなどは別の病気の早期症状の場合もありますが妊娠初期には胸に腫れなどの症状が出ます。スポーツブラなどの着用で緩和できます。

8.頻尿
妊娠初期には子宮が大きくなりますので尿意を誘発します。 回避する方法はありませんが就寝前には必ずトイレに行くことを心がけましょう。

9.息切れ
何人かの女性は息切れの症状兆候が出ます。それは胎児の余分な酸素を必要するためであると言われています。基本的には正常な兆候かもしれませんが運動に関連付けられない息切れは危険ですのですぐに医師に相談してください。

10.体の変化
膣の色と子宮頸部の柔らかさが変わります。ですがこれは医師でないと分からないでしょう。

スポンサードリンク