もともと仕事をしているお母さんで妊娠、出産にともない仕事を休む間休業手当として健康保険からもらえるお金です。

あなたが一日あたりもらっている給料の3分の2に相当する日額を支給してもらえます!

支給資格

会社員で1年以上健康保険に加入している人。(社会保険◎、国民健康保険×)

H19.4に改正で退職後6ヶ月以内に出産した人、健康保険を任意継続したひとは給付対象外なっています。

しかし、加入先によっては退職したお母さんが支給されるところもありますので退職前に勤務先で必ず調べましょう。

支給期間

出産の日(実際の出産が予定日後のときは出産の予定日)以前42日目(多胎妊娠の場合は98日目)から、出産日の翌日以後56日目までの範囲内で会社を休んだ期間について支給されます。

ただし、休んだ期間にかかる分として、出産手当金の額より多い報酬が支給される場合は、出産手当金は支給されません。

※実際の出産が予定より4日おくれたという場合は、その4日分についても出産手当金がちゃんと支給されます。

支給手続き

医師が出生証明を記入した申請書を出産の翌日から2年以内に、勤務先か社会保険事務所に提出。

出産日(出産が予定日より遅れた場合は出産予定日)以前42日(多胎妊娠の場合は98日)から出産日後56日までの期間につき、欠勤1日につき標準報酬日額の6割が支給されます。

スポンサードリンク