もらえる給付は各自治体によって違います。

たとえば小学校にあがるまで医療費が無料になったり入院のみ自己負担分を助成してくれたりします。

申請方法

各お住まいの市町村役場。

支給資格・期間

各自治体によって対象となる年齢、所得に制限があり、どの自治体でもほぼ同様の内容で実施されています。 

◇東京都での資格例

・国民健康保険や健康保険など各種医療保険に加入している乳幼児。

・6歳に達する日以後の最初の3月31日までの乳幼児(義務教育就学前までの乳幼児)など。

その他市町村別助成例)

東京都世田谷区

さんさんサポート(子育て支援ヘルパー派遣)
子育て世帯の産前・産後の負担を軽くするため、子育て支援ヘルパーを派遣してくれるというもの。同種のサービスは他区でもあるが無料で利用できるのは23区では世田谷区だけ。家事の援助、育児の補助などのサービスを子ども1人につき3回まで利用可。

東京都杉並区

子育て応援券
就学前の子どもがいる家庭に、一時保育や親子参加行事など、子育て支援サービスに利用できるチケットを交付し、サービスを利用しやすくする事業。平成22年10月からは3000円のチケットを購入すると1万円分のサービスが受けられるという制度に移行。

神奈川県相模原市

2歳までは入院や通院での医療費(健康保険が適用される範囲の検査・治療)の自己負担分を助成し、3歳から中学3年までは入院のみ自己負担分を助成してくれる内容となっています。ただ親の所得に児童手当に準じた制限があります

スポンサードリンク