不妊症を調べるためには、たくさんの検査があります。それでは、どのような検査があるのでしょうか?

・基礎体温検査・・・基礎体温計で、基礎体温を付けていき、排卵がきちんと行われているか調べます。これにより、排卵日を推測したり、黄体ホルモンの働きもおおよそですが分かります。
・ホルモン検査・・・排卵を起こすために必要なホルモンの量を調べます。具体的には、LHやFSH、プロゲステロンなどの量を検査します。
・超音波検査・・・超音波を使って、子宮や卵巣を検査します。
・子宮頚管粘液検査・・・子宮頚管粘液が、充分に分泌されているか調べる検査です。この粘液が充分に分泌できていないと、精子が子宮に入りにくくなります。
・フーナーテスト・・・性行為の後に、精子が充分に子宮の中に入っているかを診る検査で、精子の有無や運動性を調べます。
・精液検査・・・精液の中の精子の数や運動率、奇形率などを調べる検査です。男性側の不妊の原因を調べる検査になります。
・抗精子抗体検査・・・フーナーテストの結果によって、女性に精子に対する抗体が出来ていないかどうかを調べる検査です。
・子宮卵管造影検査・・・子宮の形や卵管に詰まりなどの異常がないか調べる検査です。レントゲンを使って行います。
・細菌検査・・・分泌物を採って、細菌の有無を検査します。
・クラミジア抗原抗体検査・・・クラミジア感染症にかかっていないかを検査します。

これらは一般的な検査で、もっと詳しく検査が必要な場合は、他にも検査が行われます。

スポンサードリンク