不妊症の原因には様々なものがあるのですが、その一つにストレスがあることをご存じでしょうか?ストレスがなぜ不妊の原因になるかというと、ストレスによって引き起こされるホルモンバランスの乱れが問題なのです。ホルモンバランスは、生殖器官に大きな影響を与えます。

ストレスによって、ホルモンバランスが崩れ、生理の周期が乱れたり、排卵機能に異常をきたしたりします。疲れすぎていたり、ストレスがたまっていたりすると、生理が遅れたりすることって、割とよくありますよね。

過度のストレスは、妊娠する上で良くありません。これは女性だけでなく、男性側の不妊の原因としても挙げられます。男性側の不妊の原因の一つである乏精子症は、ストレスもその起因となると言われています。

このように、ストレスと不妊症は密接な関係があるのです。

なので、子供を希望する人は、過度のストレスを抱えすぎないことが大切です。

過度にストレスを感じる場合は、可能な限り、そのストレスから遠ざかるようにしましょう。それと、定期的にストレスを発散して、ストレスを溜め込まない工夫が必要です。不妊治療自体がストレスになり、悪循環になってしまうという話もよく聞きます。不妊治療はかなりの精神的負担を抱えてしまうものですが、自分にとって有効なストレス発散の方法をなるべく早くみつけて、極力ストレスを溜めないようにしてください。

ストレスを抱え込むと、体内の免疫力も弱くなり、体調を崩しやすくなります。妊娠するためにも、気分転換できる方法をみつける、ストレスの原因をできる限り取り除くなどの工夫が必要不可欠でしょう。

スポンサードリンク