結婚すると、ほとんどの夫婦が子供の誕生を待ちわびることになるでしょう。不妊症とは、妊娠することを期待して、正常な夫婦生活があるにも関わらず、妊娠できない状態が2年間以上続いていることを言います。不妊症の原因は様々なのですが、女性が5割、男性が3割、原因不明が2割あるそうです。不妊症は女性が原因と思われがちですが、男性側にも結構原因があるのですね。

子供の誕生を切実に待ちわびている夫婦にとっては、大変深刻な問題です。このような状態が続いた場合、不妊の原因を調べて、不妊治療を行うことを考える夫婦も多いのではないでしょうか?

不妊症の原因を調べるには、不妊治療を行っている産婦人科などに行って検査することになります。不妊の原因としては、女性の場合、子宮内膜症やホルモンの異常、卵子のトラブル、卵管のトラブル、子宮頸管のトラブルなどがあります。男性の場合、精子にトラブルがあることが多いです。精子の数が極端に少ないか、全くなくて妊娠することができないというケースが多いようです。WHOの定義では2年以上子供が出来ない場合を不妊症と言いますが、産婦人科の医師などは2年は長すぎると言う意見を持っていることも少なくないみたいです。妊娠を希望していて、妊娠出来ない場合、それが半年くらいでも不妊の原因を調べてみた方がいいそうです。

不妊症の原因を調べるのは早いほどいいわけですし、何も問題がなければ安心できますよね。それに、不妊治療は開始年齢が若いほど、成功の確率が上がりますから、先延ばしにせずに産婦人科を受診した方がいいでしょう。

スポンサードリンク