妊娠中毒症の多くは体重管理ができていない事から始まります。

太りすぎは心臓や腎臓に負担がかかり危険がましてしまいます。

カロリーの多い食事を取らないように心がけましょう。

時期としては20週以降の妊娠中期から後期にかけてなりやすい病気です。

妊婦全体の一割もの人がこの症状があらわれると言われています。

妊娠中毒症の症状とは

赤ちゃんに血液や栄養が行かず発育不全になったり、出産直後に死亡する事もあります。

上位胎盤早期剥離や全身痙攣、母子共に危険にさらされる事もあるので十分な注意が必要。

高血圧、むくみ、たんぱく尿が3大症状でこの中のひとつでも重症、2つ症状があるとき妊娠中毒症と診断されます。

 

対策・予防

・太り過ぎないように気をつける。中期以降1週間に500g以上増えたら危険信号です。

・定期健診は血圧、尿タンパク、むくみをチェックしてくれますので早期発見のため必ず受けましょう。

・規則正しい生活を心がけましょう。

・有酸素運動など軽い適度な運動

・ストレスをためないために趣味などで気分転換をする。

スポンサードリンク