切迫早産兆候

妊娠22週以降37週未満に赤ちゃんが生まれてしまうことを切迫流産といいます。

切迫早産の兆候はおなかの張りや痛み、出血破水です。

出血やお腹の張りが長く続くまたは規則的な強い張りがある時は病院へ。

破水の場合はそのまま早産になりやすいので大至急病院へ!

破水以外は早期に兆候に気付き対処すれば早産を防げることがありますので早めに医師に相談を。

早産の原因

・体を冷やす・・・冷やすと血液循環が悪くなったり子宮の収縮が起こりやすくなります。

・動きすぎ・・・無理をしないで疲れたら休みましょう。

・セックス・・・体調のいい時、感染症予防にコンドームをつけて行いましょう。

・ストレス・・・ストレスをためないように心がけましょう。無理をしない。

 

切迫早産 出産 

切迫早産の助かる可能性は赤ちゃんの大きさ、妊娠週数、母体の健康状態によります。

早産の疑いがある場合は「NICU」新生児集中治療室のある病院へ移り子宮収縮を抑制する薬(ウテメリ

ウテロンなど)を点滴し分娩が進行しないように対処します。

赤ちゃんが小さいほどリスクは高いですが最近では医学の進歩により助かる可能性は高くなっています。

切迫早産 費用

切迫早産の費用はまちまちで正確な値段は言えませんが切迫早産は健康保険対象です。

もし医師が健康保険の3割負担で請求していない場合は必ず相談してください。

切迫早産治療・手術 

子宮頸管の周りをテープ或いは糸、チューブを通して縛るシロッカー法、マクドナルド法という手術をする。

10日前後、早ければ2,3日で退院できます。

ですが症状により何ヶ月か入院している人もいます。

 

スポンサードリンク