通常赤ちゃんの頭が出たり入ったりする事により会陰(膣の出口と肛門の間部分)が伸び赤ちゃんが出てこれるぐらいまでに伸ばされます。

会陰切開(えいんせっかい)とはどうしても早く出産させなければならない時など会陰をはさみで切って、赤ちゃんが出てきやすいようにする処置です。

もちろん必ずする処置ではありませんがそんなに珍しい事でもありません。

痛みを心配する方がいらっしゃいますが痛みは陣痛の痛さで切っているときはあまり感じない人が多いです。

それより出産した後の方が傷の痛みが大変という人が多数います。

会陰切開はどんなときにするの?

・胎児の心音が落ちて胎児仮死の危険があるとき

・巨大児で肩が出にくく心音が落ちたとき

・会陰ののびが悪く裂傷の心配があるとき

そうならないために会陰は事前に伸ばしておく

・骨盤底筋を体操で柔軟にする。

・植物オイルでのマッサージ

スポンサードリンク