吸引分娩は難産を乗り切る方法で行われます。

吸引カップを赤ちゃんの頭につけて引き出すのですがその際に頭の部分にコブができることがあります。

たいてい自然に治りますので心配することもありません。

しかし金属のへら型の鉗子を使って行う方法がありこれは子宮口を傷つけたり赤ちゃんが高ビリルビン血症になる恐れがあります。

その他吸引分娩のリスクは母体合併症などがあります。それは胎児が産道を通過する速度が早いため、産道の外傷の頻度が自然分娩より少し高まるというものです。

また頭皮損傷、頭血腫、帽状腱膜下血腫なども稀にあります。

吸引分娩は根本的に速やかに分娩させなければ悪状況になってしまう場合に行うものですから良いとも悪いとも言いがたい所です。

スポンサードリンク